グローカル・ハタラクラスぐんま
プロジェクト
住環境・就職支援等留学生の受入れ環境充実事業

住環境・就職支援等留学生の受入れ環境充実事業

「グローカル・ハタラクラスぐんま」プロジェクトの
推進による留学生の受入環境充実事業

ごあいさつMESSAGE

  • HOME
  • ごあいさつ

ごあいさつ

「グローカル・ハタラクラスぐんま」プロジェクト 企画・運営担当
結 城 恵
(群馬大学 大学教育・学生支援機構 教授(兼)同大学 社会情報学研究科 教授)

現在、わが国では留学生30万人計画が進行中です。これを達成するために、外国人留学生を受け入れる環境の充実が求められています。その充実を図るために、群馬県との連携のもと、「グローカル・ハタラクラスぐんま」プロジェクト(住環境・就職支援等留学生の受入環境充実事業)が企画されました。このプロジェクトの内容の特徴は2つあります。

第1点は、外国人留学生の卒業後の地域定着につながる生活・就職支援を図ることです。第2点は、群馬を拠点として世界で活躍する「グローカル人財」を、地域ぐるみで育てていくということです。第1点の外国人留学生の卒業後の地域定着につながる生活・就職支援への取組は、このたび、文部科学省より採択されました6つの団体が共通して取り組むものです。私たちが取り組むこのプロジェクトは、「オール群馬」でのプロジェクトとして、外国人留学生が在籍する群馬県内の10高等教育機関と8地方公共団体、24民間団体等の、合計42機関・団体が取組を進めています(2020年2月現在)。

第2点は、群馬を拠点に世界で活躍する人財、すなわち、「グローカル人財」を地域ぐるみで育てることです。これは文部科学省に採択されました6つの団体の中でもユニークな取組だと評価されています。「グローカル・リーダーシップ・プログラム(通称:GLLP)」と名付けたこの取組は、群馬の豊かなローカル性を、広がりのあるグローバル性へと展開する、地域人財を育てることを目的としています。このプログラムも産学官金協働で開発し実践しています。その養成対象者として、群馬県内の外国人留学生・日本人学生のみならず、県外・国外からの参加もあります。

この事業には、日本の他の地域にも応用可能な取組モデルを築き上げることが期待されています。それは、高等教育機関だけでは、当然成しえるものではありません。様々な関係機関の皆様方のお力を結集致しまして、はじめて成しえるものであると考えます。この群馬から若者たちの未来が強く輝くものとなるプロジェクトとして、本事業を推進して参りたいと思いますので、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

グローカル・ハタラクラスぐんま プロジェクト

住所

〒371-8510
群馬県前橋市荒牧町四丁目2番地
TEL027-220-7632
TOPへ